So-net無料ブログ作成

初めてのマスタースダカーのレッスン [ヨガのこころ]

昨日は、夫の運転で大阪へ行ってきました。
マスタースダカーのワークショップを受けるために。

私が最初にヨガの指導を受けた先生から、「機会を作ってでも受けてみて」と
勧められていたマスタースダカーのレッスンをついに受けてきました~。

ハタヨガとは何か。
という問いかけから始まったレッスン。
心にも体にもしみました。私の感じたなりをぜひシェアさせてください。

最初にヨガの先生はいますか?と、問われたので、「はーい」と手を挙げましたが
レッスン後、私自身、もっとヨガの動きだけじゃなくて、ヨガって何かってことも
伝えられるようになりたいと、とても思いました。


マスター曰く、
ヨガは何かということの理解なくして、動いて、ポーズをとって、やせたとか、腹筋が割れたとか
そういう結果が得られたとしても、それはいいエクササイズにすぎない。

ヨガをやっている人というのを、
ヨガマットを持って歩いているとか、ヨガウェアを着ているから
ということから判断されるのでは、本物のヨギーニではなく、ヨヨギーであると。
(ここは、インドジョークです!)
ヨガといえば、すばらしいプロポーションで、一点を見つめて、真剣な顔でやるものと思ってませんか。
それは、コワイことです。

ヨガをしている人は、内側から輝くので、あの人はヨガやってる人だと、気がつかれる人。
ブッダもヨギーニ。後光がさしてますよね。

人は生まれてから6週間経ってやっと「笑顔」を手に入れる。
赤ちゃんの時は、1日に200回笑顔を見せていたのに、
大人になったら、笑ってますか?
ガラガラを顔の前で振られて笑えますか?
大人は1日20回笑顔があれば、多いほうじゃない?それもテレビを見て笑う。。。

自分が手放してしまった、自然を取り戻すことがヨガ。
陰陽、悪いこと善いこと、対になるものをバランスをとるのが、ヨガ。

そうだ~、ヨガはバランス、中道って教わってたよ、私。

笑顔と涙を持って、レッスンの時だけでなく、生きている時間をヨガに。

インドジョークも交えながら、真剣にヨガを説いてくれて、私の心を揺り動かしてくれた後
すばらしい丸々1時間に及ぶフローが始まりました。

タイガーポーズで、ネコの時の四つんばいからスタートして
終わりは、座って、両足を床から持ち上げての開脚。
しかもおもちゃのシンバルを叩くサルのお人形のように、
手と足で拍手。
途中、足のきつさ、腕のきつさに笑うしかなくて、大笑いしながら動きました。
こんなにヨガのレッスン中に笑ったことなかった。

流れの中の、やったことのない動きの数々。
できたこと、できないこと。
それもすべてが、ヨガですね。
そして、今日の筋肉痛。
足のすね、太ももの外側。太ももの裏側。骨盤と足の外側の接合部、肩甲骨の下側、脇腹
今までなったことがない部分の筋肉痛たち。

それと笑顔。
レッスン後、夫の同級生の結婚をお祝いする食事会とか、
夫と久しぶりの大阪デート、とか楽しいことがたくさんではあったのですが、
本当に顔が笑いやすくなってる。
重い荷物をずっと持ってたから、
いつもならもっとグダグダと不機嫌になったはずですが
なんでか、心が軽やかです。

マスター曰く、
ヨガで筋肉を鍛えるとしたら、唯一、舌の筋肉を鍛えます。
頭を通して、自分の発する言葉をコントロールする。
それがヨガ。

それも私の中で、とても響いた言葉でした。

笑顔と涙。
2つのバランスをとりながら、これからも私のヨガを実践していこうと思います。
来月もマスタースダカーのワークショップを予約しているし!
学べる機会を得られた幸せ。

自分の中で、受け入れがたいと思ってしまう部分もあるけれど、
幸せとバランスよく受け入れていきたいものです。

明日からのレッスンも、また張り切りまーす。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0