So-net無料ブログ作成

梅シーズン最盛期 [ヨガのこころ]

先週から、毎日夫の実家の梅作業をしております。
結婚して以来、9年目。

最初の3年は、毎年発熱してました。
おととしには、「もう行きたくない」と、泣きべそをかいて
「嫁は、熱を出した」と、夫が実家に言ってくれちゃったことも。。。

ume.jpg

でもね、私、去年からは、わりとのびのびとできるようになりました。
自分の考え方を変えられたから。

『役に立つ嫁』でいたかった私。
奥歯をかみしめるように、何かに負けるもんかと頑張ってた。

自分が作った『よくできた嫁』イメージを追いかけてた。
子どもを授からない=嫁失格っていうようなイメージも自分で作ってたし。

周りから評価してもらえないと折れそうだったんでしょうね。私。

妊娠したら、梅作業を手伝わなくてもいいのに!
そうとも思ってました。

だけども今は、体はくたびれているけども、
梅作業が休みになったら、「やった~」って思うけども、
明日も7時から梅畑に行くことが苦しくはないのです。

自分で勝手にストーリーを作るな。
自分が自分に満足していたら、周囲に何を言われようと泰然としていられるはずだ。
毎日はお祭りだ。今を見つめて、今を楽しめ。

マスターに言われた「ヨガ」の心が、染みて来てる気がする。

以前の梅採り作業中、
私ってば、何にイラッとしたり、
グッと辛くなったり、
していたのかしらね~。

とりあえず、今は体の疲れで眠いけども、まだまだ、私やれそうです。

そんな梅作業にも効果があるヨガに出会えるチャンスが
6月21日に東京にあります!!

近くにお住まいの方、お時間のある方、お時間を作って、行って体験してください。
あなたが「辛い」と思っていることが、
自分で作った「辛さ」だってことに気が付けるチャンス。

ヨガ奉り

梅が終わってたら、私も裏方として参加しようと画策中。
梅が終わってなかったら、和歌山から心だけは参加。
私のヨガの師が私のヨガ仲間が、めっちゃ笑顔で迎えてくれることを保証します。

一人でふらっと行ってもらって大丈夫。時間も気にせず立ち寄ってもらっても大丈夫。
気になるプログラムに参加してもらっても無料。
お子さん連れも、もちろん大丈夫。行ってみてくださいませ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

お名前(必須)

こんにちは。はじめまして。
以前からブログを拝見していたのですが
境遇が私と似ているの勝手に親近感を抱いて拝見していました。

私も結婚して、不妊治療を3年くらいしていました。
結局、子どもは授かりませんでしたが…
で、私もヨガインストラクターをしています。
(正確には本業とインストラクターと兼業ですが)
私のヨガの先生の師がマスターなので、何度かマスターのWSを受けました。
先日もマスターのWSに参加させていただきました。
そこでもマスターは毎日はお祭りだ!と仰っていました。

今まで、不妊治療を辞めたけれども心のどこかで
子どもが出来ない自分を責めてばっかりでしたし
旦那の両親にも申し訳ないという気持ちがありました。
でもその辛さを作っているのも結局は自分自身なんですよね。。。
マスターの一言一言が心に染みました。

以前の私より、今の自分は少しずつ自分を受け入れて
今を楽しもうとしています。
まだまだですけどね(笑)

すみません。支離滅裂な文章で。
ヨガ奉りは本業の都合で参加は難しそうですが
いつか、マスターのWSで会えるといいなと思っています。
by お名前(必須) (2016-06-16 11:39) 

cobachi

こんにちは。コメントありがとうございます。
マスターのWSに参加してらっしゃるんですね~。
そう、マスターが説くヨガには、人生の指針がありますよね。

お互い、不妊治療を通じて自分で味わった痛みを
これからの人生を生きてく上での糧にしていきましょうね。

私もちょっとずつです。
だけど、「悲劇のヒロイン」をやめたら
世界はだいぶ居心地がよくなりました。

621のヨガ奉り、梅作業がひと段落しそうなので
行ける予定になりました。今回はお会いできませんが、
いつかどこかのWSでお会いしましょうね。
和歌山の梅の~と自己紹介するのが私です。
by cobachi (2016-06-18 21:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0