So-net無料ブログ作成
検索選択

おばあちゃんになっても [ヨガのこころ]

ヨガ的には、50歳からおばあちゃんです。
と、マスタースダカーはおっしゃいました。

あと、10年すると私もおばあちゃん。
若いことはいいことだ!若く見られるということはいいことだ!
と、いうふうに思いがちですよね。

でも、50歳すぎたらおばあちゃん。

体は使用年数50年を超えるのだから、と思えば、確かにそうか。
おばあちゃんになったとき、動ける元気なおばあちゃんでいるために
今、私にはやるべきことがある。

東京でのシニアヨガWSに参加して、おばあちゃんを装って動くつもりだったのに
本気で動いても思うように動かない体のあちこち。
長年使わずにさび付かせた部分は、おばあちゃん年齢手前で、もう動かない。

さびを落とす必要があります。

今回は、私の目の使い方の癖も治し方を教わりました。
左目だけに頼って、物を見ている私。鏡に近づいて、目をのぞき込むと
右目が仕事を放棄して、ついーっとあらぬ方へ動いてしまう。
これを斜視というそうですが。
私、これはしょうがないなと、受け入れ続けてきたのですが、
「バランス悪くものを見ていると、大きなトラブルを起こす」と、
マスターから目のトレーニングをしていただきました。

普段使っていない目を使うので、変な感じがするのですが、
ほんの1分かそこらのトレーニングで、目の前のペンを両目で追えるようになりました。
これで、目の疲れからの頭痛とさよならできる気がする。

いろんなことを受け入れられずに苦しんだりしているばかりでなく、
問題として解決するべきことを「仕方ない」と解決方法がわからなくて
放置したり、いろんな余計と不足を抱えているんだな~と、思いました。

病気になりたがるな、そして、自分を過信するな。
自分の作ったストーリーにしがみつくな。

言葉と、技術で持って、正しいヨガを伝えてくれようとするマスター。
そして、必要な人へ必要な分のヨガの知恵を分けて下さる。
分けてもらった私には、分けてもらった知恵を自分と
そして大切な周囲の人へシェアしていく責任がある。

おばあちゃんになっても、笑顔で毎日過ごすために。
体が硬いから、忙しいから。
言い訳はいくつでもあふれてきますが、
さび落としが、大変になる前に、ゴシゴシして、
体も心も手入れしておかなくちゃ。

そんなヨガに手軽に出会えるチャンスが!
東京近郊の方には、ぜひ参加していただきたい、
6月21日に浅草橋で開催する「VYS621ヨガ奉り」。
終日無料で、レッスンやセラピーが受けられます。
https://www.facebook.com/vys621/

和歌山の皆さんには、なんと、8月27日にマスターが御坊市まで来てくださって
「快適な日常生活のためのヨガ-痛みのない生活を目指して-」を
開講してくださいます!!
http://vanakkamyogaschool.com/ja/events/hatha-yoga-basic-wakayama-goboushi/

自分の体と心と向き合う時間をご一緒できたらと思います。
ぜひ、ぜひいらしてください。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。