So-net無料ブログ作成
検索選択

心細いということ [ヨガのこころ]

今朝は、朝ドラを見て、ずっとティッシュが離せませんでした。
集団就職。しかも、中学生や高校生が卒業後、いきなり都会へ
見知らぬ人ばかりの場所に、ポーンと放り出される。

上野駅で、会社の人に引き渡されるのを待つシーンに
自分が16歳で留学した時に気持ちが重なって、
全く状況は違うけれど、その子たちの「心細さ」に
胸がキューっとなりました。

おばちゃん、わかるよ。その気持ち。

今と違って、電話も身近になく、手紙でやりとりが一般的で
生まれ育った環境から、一変、見知らぬ人に囲まれて
初めての仕事、初めての場所での暮らし。

戸惑い、家を懐かしみ、拒否する気持ちになったり、泣いたり、
いろいろなことを「一人で」やっている気持ちになるんだろうな~。

でも、大きな目線で、ひきでその状況を見れば
会社の人、周囲の人の心遣いや、励まし
何も言わなくても見守ってくれる視線があるんだよね~。

そして、そのうちに環境に慣れ、仕事に慣れ、余裕ができて
楽しいことや嬉しいことやもたくさん起きてくるんだろうな~。

私が留学したのは、忘れもしない1994年。
パソコンも今ほど普及しておらず、ネットも時間課金制。
国際電話は、とっても高くて、1年間で2回ぐらい利用しただけ。
日本の家族と手紙をやりとりしたけれど、郵便の時差があって
ホストファミリーとの間で「言葉の壁」がある間は、
生まれて初めての「超アウェー感」を味わいました。
自分が透明人間になったような、生まれたての赤ちゃんになったような

でも、今思えばその私の絶望している様子も
ホストファミリーは、見守ってくれていて、決して一人ではなかった。

私、あれぐらい強烈なアウェー感を思春期に味わっておいてよかった。
あれ以上のアウェー感を体験したこと、ないです。

そして、自分が経験しているからこそ、人の気持ちを思えるのかも。
今朝、おばちゃんもわかるよ~、その気持ち。と、思って涙しながら
この心細さを味わって、周囲に人のやさしさを感じて、成長していけるって
すごい贅沢だな、って思いました。

私には、自分が生んだ子どもはいないけど、
子どもたちには、もれなくこんなアウェーに感じるけど、アウェーじゃないんだよ。
っていう体験をして欲しいなって思います。

親が、歩いている道の石ころを全部どけて、転ばないように道を整えるのではなく
あえて、親が手伝えない道に進むことを許して、
子供たちには、親がなんでもできるスーパーマンじゃないこと
親や家族以外にも、道を進む手助けをしてくれる人がたくさんいることを、
知って欲しい。

そしたら、いろんなことが起きる人生で、
自分にとってしんどいことが起きているときに
「親のせい」や誰かのせいと責任を自分以外に押し付けず、
犯人捜しをしないで、その目の前に起きている物事に
向き合えるようになるんじゃないだろうか。

誰かのせいにしている人生は、その「誰か」を主人公にしてしまっていて
自分の人生を歩めなくなるんだよ、と私の師、マスタースダカーはおっしゃいました。

自分の人生は、全部自分のもの。
主人公は私。

さだまさしも歌っていますね。
ちょっとニュアンス違うかな。

今週末は、ひっさしぶりに何も予定を立てないで
土曜、日曜と連休にしました~。
予定に追っかけられるでなく、過ごす贅沢をたのしみまっす。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0