So-net無料ブログ作成
バルトリン腺 ブログトップ

バルトリン腺 造袋術 [バルトリン腺]

先週の今日、バルトリン腺の造袋術の手術を受けてきました。
バルトリン腺膿瘍になってから、手術に踏み切るまで3年以上。

痛いのが嫌。
術後も面倒そう。

と、受けなかった手術でしたが、終わってみたら
なんでもっとさっさと受けなかったのか!と、思っています。

同じ悩みを持つ人の背中を押せたらと思うので
私の手術の様子を書きます。生なましいので、ご注意ください。

去年の9月から月に1回のペースで腫れあがり、そのつど注射器で中身を抜く処置を
受けていたのですが、1月から2月にかけて、抜いても抜いてもすぐに腫れる状態になり
ついに、重い腰を上げ手術をすることにしました。

手術前、ネットで検索して手術体験者の方の
「麻酔しても痛い」「術後も痛い」という話をみて、びびりながら手術当日。

手術前日に景気づけにうな丼の上を食べたり、
手術が決まってからは少しでも手術箇所が柔らかく、伸びやすくなるようにと
普段からスクワットや開脚をたっぷりしておきました。

手術は午後の2時半から。
今日の様子を軽く問診して、すぐに開脚して座る台にうつり、
手術開始です。

「だいぶ抗生剤で腫れが引いたね」と言いながら、確認のために腫れている部分を押されます。
外来での簡単な手術ということで、カーテンの向こうでは、
「ガーゼは?」とか「キシロカインは?」とかいう会話がされていて、
私はそれを聞きながら、
「準備万端にしておいてよー」と、思いました。

いよいよ麻酔です。
カーテンの向こうには医師とサポートの看護師さん。
私の横にも助産婦さんが付き添ってくれました。
付き添ってくれた助産婦さんは、私の手を握って励ます係りです。

「ちょっとチクっとするよ」と、麻酔を打たれました。
バルトリン腺膿瘍で繰り返し注射を刺されてきたので、我慢できる痛みでした。
麻酔がすぐに効いてきて、次第に痛みもなくなり、
  
「切りますね」と、切開されているころには、全然痛くなかったです。
どろっと、まだ残っていた膿みが予想外にでたらしく、
「ガーゼ、ガーゼ」という声がして、
「だいぶ残ってたねー」と、先生に言われました。

そこから縫う作業をしていたようですが、
つれるような感覚があるだけで痛みなし。
でも、いつか痛くなるのではないか、と緊張しているので肩がガチガチ。
足も太ももの横がつりそうに緊張していました。

付き添ってくれている助産婦さんが「もうちょっとよ」、「嫌よね」とか
「意識が集中しないようにこっちをたたこうね」と、言いながら腕をさすったり、軽くたたいたりしてくれ
「痛くないけど、痛くなりそうで緊張しちゃうんですー」と、いう私の頭をなでてくれたりしました。

10分か、15分ほどで切った部分をひっくり返して外に縫いつけ
人工的にバルトリン腺の分泌物が外にでるための穴をつくる手術が終了。

ズキズキする痛みはなく、つれるような感じの痛みがチクっとある程度。
用意してきたナプキンをつけて、身支度をして、
医師から「2cmぐらい切開して、縫いとめたけど、溶ける糸だから抜糸はいらない」
「お風呂は3、4日湯船に入らないで」「抗生物質は飲んでね」とお話を受けて終了。

手術費と薬代をあわせて1万円弱というお安い手術でした。

術後すぐは座るときに違和感があって、自分での運転が無理そうだったので
お義姉ちゃんに病院まで迎えにきてもらって帰宅後、家で大人しくしていました。

が、予想に反して痛みが出ない。
次の日からヨガのレッスンも通常通り。運転も通常通り。
あれから1週間。快適に過ごしております。

他の病院では、術後1週間は消毒に通院するように言われたりしてましたが、
消毒の必要もなく、術後10日目に確認のため診察するだけ。

また、腫れてくるかもという恐怖もなく、腫れた時の痛みに比べたら手術の痛みなんて
なんてことない。

手術をやってよかったです。

手術こわいーっと、大騒ぎした私を励ましてくれた友人、家族に感謝です。


追記 
バルトリン腺 造袋術の手術を受けてから約半年経過しました。
その後、腫れてくることなく快適に過ごしています。

ただし、手術後1ヶ月ぐらいはイトナミ時に引きつれるような痛みがありました。
術後に抜糸しなくても糸は溶けると、聞いていたつもりだったのですが、
その後、先生から「紺色の糸が抜けてくるから気にしないでね」と。
術後1ヶ月ぐらいでその紺色の糸も全部抜けました。

この記事を見に来ていただいてる人がたくさんいるようなので
その後の経過を報告させていただきました。

手術してしまえば快適です。痛いし、コワイと思いますが、がんばって乗り切ってください。

追記2
いつの間にか、さらに手術から1年経過。
まったく再発なく過ごしています。快適。
バルトリン腺の腫れや痛みに悩まされていたのがウソのようです。

nice!(0)  コメント(87)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

痛くなかったー。 [バルトリン腺]

案ずるよりも産むがやすし。

今日の午後、手術を受けてきました。

麻酔はちゃんと効いてくれました。



とりあえず、明日もヨガができそうです。

バルトリン腺で悩む日々から解放されるのか!
されるといいなー。

手術の話、また詳しく書こうと思います。

とりあえず、終わったー。

痛みと呼吸 [バルトリン腺]

今朝は救急外来に行ってきました。
中学生のときに、日光かぶれで顔が腫れて以来です。

痛いとき、きついとき、長く息を吐くと楽になります。
これはヨガをしているときに、「痛いときほど息を吐くー」と、
自分でもいつも言っていることなんですが、本当に楽になります。

今日も、それを知っていてよかったー、という体験をしてきました。

痛いのがすごーくいやな人。
生々しい話がいやな人は、どうぞ続きは読まずに

痛いときは息を吐くといいんだな、って思ってこのページを閉じてください。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
バルトリン腺 ブログトップ