So-net無料ブログ作成
検索選択
ヨガのこころ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

印南祭を終えて [ヨガのこころ]

日曜日、とってもいいお天気で本祭を迎え、そして終わりました。
「今年も終わったな~」という声が聞こえてきて、祭の後のさみしさもしみじみ。

今年は、「宿」というお世話係?の役目が回ってきて、ご近所の方と3人で
お祭りの主役である男性たちが集会所や浜でする食事のお世話をさせていただきました。
と、言っても昔と違って、料理は買ってきたもの。お寿司を切ったり、かまぼこを切ったり
食事用にテーブルを整えたり、片づけをしたりするぐらい。買い出しもやっていただいたので、
私にとっては、仕事の内容は、それほど大変ではなくて、おしゃべりする時間も余裕もありました。

普段は、顔が合えば挨拶する程度の知り合いだった方とたくさんおしゃべりできたし、
準備や片付けのやり方も自分とは違って、「心遣い」をされる様子が勉強になったり
とてもいい体験ができました。

「宿」は、有志がやるのではなくて、地区の家が持ち回りで担当するので、
「やりたくない」とか、言えるものではないのです。
それこそ、カルマヨガ。役割を与えられたものを実行するだけ。

でも、そこから見えるものがある。

仕事のやり方もそうだし、ご近所とのつながりを感じるし、知り合っていくことで
身近になっていく。他人事ではなく、自分事になっていく。

知った人に対しては、親近感も持つ。

もし、災害があって、避難をしたとして、見知った人、話したことがある人たち
と一緒にいるのと、全く知らない初めて会う人たちと一緒にいるのでは、
居心地が違うだろうな、と想像してみて。

割り振られた仕事としての地区の中での役割って、すごいな、と思いました。
断れないから、仕方なくでも仕事を一緒にすると、見知らぬ人は知人になり、
気になる人になり、放っておけない人になる。

もし、道で倒れているのを見かけたら、助けるし、
困っている様子なら、声をかけるし、
元気そうなら、うれしいし。

私が、夫の生まれたこの土地で暮らすようになって、
みんなに「見られてる」感じがあったのですが、
それは、「見守られてる」だな~って、感じるようにしてきたんです。

でも、今回「宿」の役をやってみて、本当に「見守られて」いたんだなって思いました。
だれも、上げ足をとったれ、とか、嫌味な目で見てるんじゃなくて、
本当に地区全体が大きな家族のように、見守ってくれてたんだな~って。
自分の中にも、住む地区を「うち」と表現する気持ちが湧いてきて、
自然と「うち」って、自分の地区のことを言っていて、地区全体が私の「うち」だと感じたんです。

お祭りって、きっと、そういう意味もあるのでしょう。
収穫を感謝して、地区という大きな「うち」のつながりを感じて、強くしていって
災害とか、何かが起きたときに、みんなでまとまって事に当たれるように。

もちろん、一緒に屋台を担ぐというしんどい思いを共有している男の人たちの帰属意識は
もっともっと強いのだと思います。だからこそ、私の夫も何の不満も言わずに
「道づくり」とか、参加するんだわ~。

東京の私の実家も祖母のいたころは、町内会が機能していて、私自身、近所の方にも
気にしてもらって、かわいがってもらって育ちました。
だから、この今の夫の故郷の地区活動にもそれほど抵抗はないのです。
いや、今年は役をさせてもらったおかげで、前よりずっと居心地がよくなりました。
自分の居場所が、広がって、地盤が強くなった気持ち。

格差社会とか、孤独死とか、引きこもりとか、
どこか違う世界の話のようです。
それぞれの家で、事情は何か抱えているだろうけれど、「地区」という共同体が
互いに見守っている。見張られているという取り方もあるでしょうけれどね。
私は、見守られている気持ちになりました。

愛を素直に受け取れるようになったな~。

そして、私の中にも見守る気持ちが湧いているのです。
地区のこどもは、みんなのこども。地区のお年寄りも然り。
私にできること、なんかありそうな気がするよ。

ちょっと、こっそりと考えよう。




断捨離 [ヨガのこころ]

先日、ヨガのレッスンで生徒さんから「断捨離ってヨガの言葉なんですね」って聞かれました。

そして、ぼーっと何の気なしに見ていたテレビでは、
ベトナム人の禅僧ティクナットハン師」の特集がやっていて。
師は、「自分の庭を手入れしなさい。」と。

私にどこからか誰かがメッセージを送っているに違いない。

先月の東京でのワナカムヨガスクールでの学びの日々から
私の内側に、またいろんな波が起きています。

「私は今のままが気に入ってます。今の状態で幸せなんです。」
と、怠慢に逃げそうになる私を師だけでなく、仲間の言葉が支えてくれて
今、毎朝の練習は、楽しみながら続けることができています。

ヨガの師であるマスタースダカーが、今回のTTで私たちに贈ってくれた言葉

「凧を空に高く上げたいと、凧につながる糸を切ったところで、
凧が上昇するのは一時、糸の切れた凧は、落ちるだけ。

自分が今手にしているつながりの糸は、自分を縛り付けるものととらえず、
自分という凧を空に上げてくれている糸なのだ。

人として、生まれてきたこと。そのことだけで、もう十分に満足すべきなのだ。
もっと、高みを目指そうと欲を出して、自分の周りの糸を切ろうとしてはいけない。」

この言葉を味わったから、夫と話し合うことができた。

夫が2時間も話し合いに付き合ってくれたおかげで、ここ1年ほど、胸にモヤモヤと抱えていた
いらだちと苦しさを手放すことができました。

さて、さて。
やっぱり、次は断捨離ですよね。

自分の中に溜まった「怒り」「不安」「寂しさ」を見つめ、感じ、やさしく抱きしめなさいと
ティクナットハン師は、話されました。

瞑想のとき、頭の表面にあることに思いをとられて、
ざわざわとした状態で座ることがほとんどの私。

少しずつですが、自分の中を見る試みができるようになりました。
そうしたら、いつも5分座っていたらもぞもぞと動きたくなる体が、
30分座っているのも苦に感じなかった。

心の断捨離、続けていこう。
もっと、軽やかな心でいたい。変容したい私を応援していこう。

そう、、、実際の押入れの方も。
扉を閉めちゃえば、中が見えないのをいいことに、
乱雑に物にあふれた「開けてはなりません」のあの場所。

きっと、私の頭の中と一緒でしょう。

次のヴィジョンオブヨガを受講する前までには、
新しい学びを受け取れるよう、頭も押入れも引き出しも整理していこう~。
だって私、学ぶチャンスを手に入れたんだから!!




ちゃんと聞く。 [ヨガのこころ]

東京に滞在8日目。あっという間でした。
ヨガの勉強とお盆と友人に会ったり、会えなかったり。
充実した時間を過ごしました。

実家の父に
「よく、旦那さんがこんなに長く家を空けるのを許してくるね」と言われ、
友達にも「すごい愛されてるよ」と、言われ。

すごい愛をくれている夫であることを他の人の言葉で確認する私。
私はちゃんと彼に耳を傾けていなかった。
自分の見たい目線、思い込みの目線で、彼を見てた。
大好きって言いながら。
彼に愛されている自分であることを信じきれてなかった。

シニアTTとヴィヤガラアサナTTで、何度も何度も繰り返して
マスターが言ってくれた「聞け」と、いうことは単純そうで
簡単そうなのに、できてるつもりで、全然できてない。

夫から
「わいの言うこと、聞いてないよね。」って、何度も何度も
聞けてない私を直接に指摘してもらってたのにね。
聞けてないってことすら、聞けてなかった。

明日は、久々に顔を見て、聞ける言葉を
神様の言葉と思って、師の言葉と思って聞こう。

だって!
そこそこうまくいってるつもりな私たちの生活を
いつも自然に笑顔が溢れる生活にしたいから。

空港に行く私を送ってくれた夫が、車の中で見せてくれた
私にとって超キュートな笑顔を
毎日、見たいって、あの時すごく思ったから。





梅シーズン最盛期 [ヨガのこころ]

先週から、毎日夫の実家の梅作業をしております。
結婚して以来、9年目。

最初の3年は、毎年発熱してました。
おととしには、「もう行きたくない」と、泣きべそをかいて
「嫁は、熱を出した」と、夫が実家に言ってくれちゃったことも。。。

ume.jpg

でもね、私、去年からは、わりとのびのびとできるようになりました。
自分の考え方を変えられたから。

『役に立つ嫁』でいたかった私。
奥歯をかみしめるように、何かに負けるもんかと頑張ってた。

自分が作った『よくできた嫁』イメージを追いかけてた。
子どもを授からない=嫁失格っていうようなイメージも自分で作ってたし。

周りから評価してもらえないと折れそうだったんでしょうね。私。

妊娠したら、梅作業を手伝わなくてもいいのに!
そうとも思ってました。

だけども今は、体はくたびれているけども、
梅作業が休みになったら、「やった~」って思うけども、
明日も7時から梅畑に行くことが苦しくはないのです。

自分で勝手にストーリーを作るな。
自分が自分に満足していたら、周囲に何を言われようと泰然としていられるはずだ。
毎日はお祭りだ。今を見つめて、今を楽しめ。

マスターに言われた「ヨガ」の心が、染みて来てる気がする。

以前の梅採り作業中、
私ってば、何にイラッとしたり、
グッと辛くなったり、
していたのかしらね~。

とりあえず、今は体の疲れで眠いけども、まだまだ、私やれそうです。

そんな梅作業にも効果があるヨガに出会えるチャンス
6月21日に東京にあります!!

近くにお住まいの方、お時間のある方、お時間を作って、行って体験してください。
あなたが「辛い」と思っていることが、
自分で作った「辛さ」だってことに気が付けるチャンス。

ヨガ奉り

梅が終わってたら、私も裏方として参加しようと画策中。
梅が終わってなかったら、和歌山から心だけは参加。
私のヨガの師が私のヨガ仲間が、めっちゃ笑顔で迎えてくれることを保証します。

一人でふらっと行ってもらって大丈夫。時間も気にせず立ち寄ってもらっても大丈夫。
気になるプログラムに参加してもらっても無料。
お子さん連れも、もちろん大丈夫。行ってみてくださいませ。


いつのかまにか [ヨガのこころ]

5月も下旬。
もう、田んぼに水が入って、カエルが一日中合唱してます。
なんと、蛍も飛んでいるという噂。蛍のこと、すっかり忘れてた。

おかげさまで、この5月は、新しい生徒さんとの出会いもあり、
久しぶりに、また顔を見せてくださる方もあり、
ヨガの神様に愛されてると感じることがたくさんありました。

なのに、不満に思ったり、口角が下がったりも相変わらずしております。
それに気が付くようになっただけでも成長したんだと思いたい。

「好き・嫌い」のどっちか、「0か1」のどっちか
そんな風に世界をみるのを止めなさい。と、ヨガは教えてくれるのにね。

友達と、「トランプ52枚にあなたの好きなとこを書くラブレター」の話をしていて
彼女が、ダーリンの好きなところ52個考えてみると、言うので
私も考えようとしたのですが。。。

好きはさ、嫌いにもさ、通じるんですよね。その時の私の心ひとつ。

夫が、ソファにもたれて寝ている姿を 

愛おしい と感じるときと
おじさんになったな~ って感じるときと、 
布団で寝ればいいのに! とイラつくときと。

夫がうたたねをしているという事は変わらないのに。
私の受け取り方で、「その事」の印象が変わり、
同じ光景なのに「違う味付け」になってしまう。

今まで、生きてきた中で、きっとこうやって自分で味をつけてしまったことが
たくさんあるのだと思うのです。

先週、塩味なしで3食摂るという宿題にやっと取り組んだのですが、
塩、しょうゆ、みそのことばかり考えてしまいました。
で、最後の夕食をカレー粉で味付けして食べたのですが、
塩なしでも舌に味を感じながら食べられて、こういうことねと、思ったのです。

ないものに囚われると、あるものが味わえない。
今までになく、カレー粉の味が、舌に鋭く感じて、
ないことから見えるものもある!と思えました。

10年ほど前に、ダイアログインザダークという場に行って、
真っ暗闇の中、目を開けていても何も見えない状態で、
白杖を使って、見知らぬ人たちとグループになって建物の中を歩き回り、
最後にオレンジジュースを飲む。という経験をしたときも

視覚が頼れない分、
見知らぬ人なのにグループの人とのコミュニケーションに頼ったり
自分の触覚、嗅覚が敏感になるのを感じたりしたことがありました。

こんな風に、経験はしているのにね~。
自分の生き方に日々、自然にそれを理解してとりいれていけたらいいのに。

あ!すごくいいこともありました。
股関節を緩ませる感覚が、以前より感じられるようになったのです。
そしたら、あぐらで座っているのが気持ちよくて気持ちよくて。

瞑想の最中も、意識があっち行ったり、こっち行ったり、たった10分でも
頭の中がせわしなかったのですが、

股関節が緩ませられて、足のつま先まで、血が巡るのが感じられるようになったら
座ることも寝ること立ってることも気持ちよくて、気持ちよくて。
満ち足りた。気分になるんです。

なのに、まだ口角下げたりしてるって本当にどういうことなんでしょうね~。
ま、のびしろがまだまだまだあるということで。

今日は、午後から梅採り。
私は、今シーズン2回目の参加です。
満ち足りた気持ちで、取り組める。かな~。
全ては、私の心次第。
ワクワクで行ってきます。












おばあちゃん、おじいちゃんとヨガ [ヨガのこころ]

マスタースダカーのシニアヨガTTCを受けた時に
学んだことを実践しに施設にボランティアで伺って社会貢献をしなさい。
と、言われていたのと、神奈川埼玉東京の仲間たちが
続々と施設訪問をしてくれていたのに触発され、私も
ヨガ仲間の働く施設で、友達に仲介してもらって、営業の苦労をせずに、
ヨガをさせてもらってきました。

おばあちゃん、おじいちゃんの笑顔の中に、自分の祖母祖父の面影を感じ
認知症だというおばあちゃんのキラキラした眼で私を一生懸命に見てくれる
眼差しとパーっと咲いたような笑顔には、亡き母の姿が重なりました。

ヨガをしている最中は、みんなの顔を見ながら、楽しんでもらうことに夢中で
そこまでは考えなかったのですが、夜になって、
母の法事のため東京に向かう夜行バスの中で、
レッスンの始めに、マスターが唱えるお祈りの意味がふっとわかった気がしました。
耳で聞いて知ってはいたけど、意味がちゃんとわかった気がしたのです。

私にこの身体をくれた母と父、教えを与えてくれる師、全てを巡り合わせてくれた神。
その全てに感謝したい、という気持ちがふわっと湧いてきました。
その巡り合わせのおかげで、
私は今回、私はおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔が見れた。
私がこれ全部頂いてしまっていいのですか〜
と、いうほどの笑顔と愛情をもらっちゃった。

一人で感情のジェットコースターにのって、苦しんでたことも、悔しがってことも
恨めしく思ったことも、羨んだことも、傷ついたと叫んでたこともありましたが、
今の私は、お陰様で、笑顔に囲まれています。

この身体をくれた母と父、
ヨガの教えを何度も何度もちゃんと言うことを聞かなくても、
練習をさぼって言い訳しても
わかった、と口で言うばかりで身についてなくても、
諦めずに教え諭してくれる師。
全ての私の運命をここに導いてくれた大きな存在の神。

今の私が、しあわせなのは、全て母と父、師、神のおかげ。もちろん、夫もね。
だな〜と、夜行バスの中で感じることができました。

今月は、母の命日。母が亡くなって丸2年になります。
母がつなげてくれた縁のお陰で、
私は今、自分の心に嘘を付かずにいられるようになった。
人に会ってもくたびれなくなった。
人の話も聞けるように〜、なった〜?

まだまだ、未熟ではありますが。
たくさんの愛をもらえて、たくさんの笑顔を向けてもらえて、
私自身も心から笑えるようになっています。

お母さん、どうもありがとう。
父とも仲良くしてますよ。
みててね。

人生は、自分が気がつけばキラキラで幸せです。

バラの剪定 [ヨガのこころ]

ヨガ部屋の前は梅畑なんですが、梅畑と家の間に庭があります。
今年もすでに、すくすくとスズメノカタビラや、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウなど
雑草が育っており、せっかく顔を出してくれた3年目のフリージアも目立たない状態。

なので、夫と庭に植える花を買いに出かけてきました。
帰り道では、神社や紀三井寺にも寄って、桜も満喫。

160402_180321.jpg

で、今日は朝から雑草とりや、買って来たデイジー、エニシダ、モッコウバラ
それに芝生も庭に植え付けて、なんとなく「庭」に仕上げました。

いっぺんに完璧な状態を目指すからしんどくなるんだと、気がついたので
今日は半日で庭仕事は終了。
雑草も元気ですが、バラやフリージアの周りはスッキリさせたし、
背の高い雑草は引っこ抜いたし、これでいいや。

去年は、草取りが辛くて、庭仕事しながら泣いたこともあったんです私。

今日は、楽しく作業できました。
先月、こんなに切っても大丈夫か?と思うほどに切り込んで剪定したバラも
今まで以上に元気よく若芽をつけてくれていたし。

なんかね。
シーズンは私の庭、いい雰囲気になりそうな気がする。

雑草を抜くのも、庭の花を咲かせるのも、自分目線でやっていた私。
で、きれいな状態を保つのなんて「見栄」じゃないのって思ったりもしてた。

だけど、夫に「道行く人が楽しんでもらえるように花いっぱいにしたらいい」
って言われて、素直にそうかって思えたのです。

見栄でやるんじゃない。
私の庭の横を通る人が「あら、かわいい」ってうれしくなるような庭にすればいい。

うちの旦那さまは、そんな目線で物が見れて考えられる。
すごいね。すてきね。

私は、ほら安い資質を持つ虎なので、
何でも自分目線で見ちゃうのです。

だけども、「人に喜んでもらう」という庭の定義を今回は素直に受け入れられた。

虎、教育を受けて変化し始めているかもしれません。

人の喜びのために、動ける人になりたい。です。

バラの剪定がいい効果を生んでいるように、私の日々の虎になる練習が
私の中のいい芽を元気にさせてくれてるのかもね。
今シーズンの私の庭。楽しいことになりそうな。


虎になる [ヨガのこころ]

今月も東京に帰ってきました。
虎になるために。

私がいない間、外食続きになっちゃったので、自主的に青汁を飲んでた理解ある夫に感謝です!

今回のワークショップは、「ヴィヤガラアサナ」というネコのポーズとして知られた
アサナを3日間かけて教わってきました。
ヴィヤガラアサナはネコのポーズではないのです。虎のポーズなんです!!

虎は、計算高く、欲張りで、利己主義で、でも、訓練を受けることができる資質がある。
変わることを受け入れられれば、劇的に変われる。
変わるためには、自分が変化を受け入れ、変わる努力をしなければ!

いつもの通り、目から鱗がボロボロと落ちました。
腕が軽い。胸が動く。

私の体は硬いから、これが限界だし、と思っていた背中
動き出してくれました。自分が動かし方を忘れていただけで、動くパーツだったのです。

この背中が
160320_113758.jpg

動き出して、こう動き
160320_114031(1).jpg

この背中も
160320_113809.jpg

こうなって。 滑り台のような直線がややカーブしてるのわかってもらえるかしら。
160320_114038.jpg

私の背中、動く部分だったのに、動かないと思っていたから動かせずにいたけれど
動く部分の動かし方がわかったら、動かせるようになりました。

身体もそうなんだけど、心も同じく。
今回も涙がポロポロでした。自分では、どうにもできないからと目を背けていること。
本当は、それではダメじゃんってわかってる。
でも、見えないふり、寝たふりしてみないようにしてること。

私の頭で考えることにかき消されて、聞こえなくしてる心の声が
何を言っているのか、聞きなさいと、マスターの言ってくれた言葉は
本当は、自分でもわかってることだった。

動かせるようになった背中のおかげで、寝起きが良くなって、
起き抜けから目がパッチリ開く。

身体の目が開いたのだから、心も開くはず。
大切な人たちが苦しんでいるのを見ないふりしないで
何ができるか、どうしたらいいのかわからないけれど、
どうしたらいいか、考えてみる。まずは。

さあ、今日も心の声を聴く練習、やってみます。
こうやって、チャンスをもらっても、ついつい怠け心が勝つのを繰り返している私。
せっかく開いた目が重くならないように、「変わりたい!」の今の気持ちを忘れないぞ。

自分を大事するという事 [ヨガのこころ]

自分を大事にするというと、

自分が好きで、やりたいことをやる。
とか、
我慢しないで好きなことをする。
とか、
お金をけちらずに好きなものを買う。

とかって言う事に思ったりしやすいですが。

自分を大事にするっていうのは、
自分の魂を大事にするってことだよって教えてもらったら、
自分が好きなこと=魂にとって正しいこと でもないなと、思ったのです。

自分の魂を大事にするのであれば、
別に外見は清潔で快適あればいいので、不潔で季節に合わないものでなければいい。
「昔は、デパートで23区とかで服買ってたのに、今はユニクロ」
これをね、デパートが近くになくて、不幸せな私って思ったら、私は不幸せなんですが、
ただただ、事実そうであるってことだけで、自分が色づけしてストーリーを付けなければ
「昔はデパートで服買ったけど、今はユニクロ」に、何の問題もない。

自分の魂にとって大事なことを、正しいこととするのならば、
「録画してあるダウントンアビーが観たいのに、見てる時間がない」
けれども、義両親から肩が凝るんだけどって相談されたら、
相談してもらえるぐらいに私のヨガに信頼と期待をされていることが嬉しいし、
そのために、自分ができることがあるっていうのも嬉しい。
ダウントンアビーを観るのは、私の脳がやりたがってることだけど、
その時間を義両親の足をほぐすのに充てるのは、確実に魂にとっては喜びでしょう。

お金をけちらずに、好きなものを買う。っていうのも
好きなもの=魂に必要なものでなければ、別に要らないな~って思ったら
要らないものがたくさんで、要るものを探す方が大変だった。
好きだから欲しい。って買ったものなのに、ホコリをかぶっていたりするし。
でも、魂に必要ですと、思うもの、ことのためにお金を使うことには、
抵抗感も減ったし、そのために仕事を増やして収入を得るために工夫も努力もする。
そして、
要るものであれば、出会いもやってきて手に入れることもできるようになった。
先週、ようやく我が家の玄関傘立てが置かれました。
これで、雨の日もお客さんに傘の置き場を困らせなくて済む。

実家の父も大腸検査に行ったら、ポリープが見つかったと電話があって、
以前だったら、そのことでドーンと私も落ち込んでいたと思うのですが
ポリープの病理検査の結果は気がかりではあるけれど、
不調を腸閉塞とか大事になるまで放っておかずに、
簡単に切除できる段階で父が病院に自主的に行ってくれたことはよかったし、
結果がどうであれ、自分にできることは父と話をすることぐらいだと、思う。
大騒ぎすることでもないね、と少し離れた目線で見れている自分。
成長したかもと思う。

なんか、自分を大事にする=甘やかすことではなく、
自分を「可哀想」なヒロインにすることでもなく、
自分=魂って考えたら、いろんな迷いや怒りもすーってなくなる気がする。

どうしたらいいのかなって考えるし
どうしたらいいって正解はわからないけれど、
自分を大事にする事の意味をはき違えずに、
生きていきたいと思います。

夫が今日から出張で、これから丸2日間。
私は、自分だけの意志で動けます。
仕事の予定も入っているけれど、
どれだけ魂にとって正しいことができるのか。
自分で自分に課題を出している気持ち。

先月の夫の出張の時は、朝8時まで布団から出られず
夜中の12時過ぎまで起きていたりして、
魂のためにはならない、自分を甘やかすだけ甘やかす時間をにしてしまい、
「朝ゆっくり寝れてよかった」とか、「ダラダラと過ごすのもいいよね」
と、いうよりも「自分に甘々で、気持ちも体もだるい」という気持ちになっちゃったので
戒めもこめて、ブログを書いてみました。

明後日、スリヤナマスカーラを毎朝してて体の調子がいい!
ベランダもスッキリと掃除できた~と報告できるようにしたい。な~。


梅が満開 [ヨガのこころ]

我が家は梅畑の中に建っています。
今年も、家の前の梅が満開になりました。

この花が全部実になって、それを全部採るんだな~と、
いうことは考えずに、花と香りを楽しみたいですね。

160216_094606.jpg




前の10件 | 次の10件 ヨガのこころ ブログトップ