So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ちょっと力が入らない

私には、高校生の時に1年間、ホームステイをさせてくれたオーストラリア人の家族がいます。
昨日、その父が旅立ったと、今朝連絡をもらいました。
急なことではなく、病を経て、その時を迎えました。

「いつでも、来たらいいんだよ」
「わかっているよね、ここはいつでも来ていいんだよ」

私が、オーストラリアから離れるとき、父はいつもいつも
こう言ってくれました。

留学後、私がオーストラリアを訪れたのは、たった3回。
大学4年で卒業論文に煮詰まって逃げ出したくなって行ったとき
OL生活を辞めて、さて何しようかと、無職で何のあてもなかったとき
そして、この1月。父の体調が悪いと聞いて、父に会うことを目的にシドニーへ。

父は、この最後に逢えたときも私に同じ言葉をくれました。
「いつでも来ていいんだよ」

私を気にかけ、愛してくれた人がまた一人
この世界の肉体から離れた。
さみしいな~。という思いとたくさんの思い出が蘇ります。

日本には、母と一緒に2回来てくれて、
私の結婚式にも参列してくれて、
「日本では、こういう行為は不適切だとは、知っているんだけどキスさせてくれ」と
ウエディングドレスを着た私に祝福のキスをしてくれました。

自分の生まれ育った家庭以外の家庭を1年の滞在で知ることができ
夫婦の在り方、家族の在り方には、いろいろあるんだということを
見せてくれた父。

ホームステイ先のお世話になっている人なのに、
高校生だったから、反抗もしたし、泣いたし、私いろいろ面倒かけました。
でも、愛しているよ、と言葉と態度でずっと示してくれた。

さみしいですが、父のこと、忘れることはないです。
でも、ちょっと空気が抜けた風船の気分。
今日は、ちょっと声に力が入らないし、空元気。

不自由だった肉体を離れ、
キラキラといたずらっぽく少年のような目をした本来の父に戻っているにちがいない。

血はつながっていないし、たった1年一緒に暮らしただけだったけど
父は、父でしたし、父です。
大切な人。

昔、大切な人が増えると、こうやってお別れをすることも増えると、
なんだかとてもネガティブだった私。
今は、もう会えない事実に、力が抜けちゃってはいるけれど
ずーっと会えないとは思ってません。
ヨガで、一人一人の魂は大きな魂の一部と教わったから。
さよならだけど、さよならじゃない。

この1月、思い切ってオーストラリアへ行って会えてよかった。
後悔せずに、すみました。チャンスは待っていても来ない、掴みにいかないと。

父の冥福を心から祈ります。
この生を終えて、新しい世界へ旅立った父に祝福のキスを。
I love you, Dad. Thank you sooooo much.



nice!(0)  コメント(0) 

考えよう

6月21日は国際ヨガの日
私がヨガを学ばせてもらっている
ヨガの師、マスター・スダカーによる
スペシャルなヨガクラスが
「VYS621ヨガ奉り」として4回目の開催となりました。
2000名の参加者を迎えて本当にスペシャルなエネルギーにあふれる場に
立ち会うことができて、幸せでした。

しかしながら、私は、その後の自分の行動をやり直したい。

本当に、私、考えよう。
その時のその時の行動は、後から変えられない。
それわかってるつもりだった。
つもりだった。

言い訳は、いくらでもできますが、
本当に私、考えよう。

学びなさい、と差し出されたことなのだと思う。
私の直接の痛みではなく、
いつも人の痛みの上に、
私の学ぶ機会があって
それは、本当に切ない。

だから、余計に学ぶための機会になるのでしょう。
ヨガを学んでいるということが自分の行動を伴わなくて
申し訳ない。

だから、そう思わないでいられるよう
ちゃんと考えよう。

私、もっと考える。
ヨガを学んでいます。
と、口先だけでなく、行動で言えるようになる。

nice!(0)  コメント(0) 

自分を大事にすること [ヨガのこころ]

あれ?なんだか自分が満たされてる気がする。
気持ちがササクレナイ。

あ~、やらかした。ということがあっても
こんな私、ダメすぎる。
とか、ならない。
いや、考えの浅さを反省はします。

身内に起きる健康上の問題も
「どうか、いい方向へいきますように」
と、祈るだけで、落ち込まない。

朝のプープーも時間をかけてでも
食事前に済ませる。ようになった。

で、ふっと気がついた。

私、最近、自分が食べるものを大事に作ってる。ということに。
「食べる」ということは、自分を維持し、作ること。
そんなのわかっている、知っている。と、思ってた。

でも、この4月から5月にかけて10日間
朝から晩まで、
ヨガの師、マスター・スダカーから
大先輩のまどかさんから、
ヨガを学ぶ仲間たちと
どっぷりヨガを味わわせてもらって

食事についても課題をいただき、
自分でも考え、仲間の意見を聞きながらも考えて
実践を始めてみて、1週間、2週間がすぎて

自分を作る食事が、
「適当でいいや」とか、「さっさと手早く作ればいいや」とか
で作ったものじゃなく、
同じ献立でも
「丁寧に切った」り、
丁寧に手入れした鉄のフライパンで作ったり
調味料変えたり、揚げたり
毎回が、「美味しい」食事になった。

一緒に食べる人がいてもいなくても。

そしたら、自分の中に「自分が大切」という思いが
満ちてきたみたいに感じるのです。

すごく大事なことなのに、
どうして忘れちゃうかしら、私。

そしたら、天国の母のことも思い出しました。
家族のためにいつもご飯を作ってくれていた母。
そして、今、私が東京に滞在すると、私のために食事を作ってくれる父。

二人にもらった体。
有難いものなのに、ついついそこにいつもあるからと
ぞんざいに扱っていたな~。
だから、私の中にぞんざいな部分がずーっとあって
何かの折に、それは「素」の自分として外に出てくる。

私を大事に思う気持ち。
それが、小さく縮こまらないように
自分の食事を作るときの気持ちをこのまま維持しよう。

自分を大事にすることのやり方が一つ、手に入れられた気がします。

nice!(1)  コメント(0) 

東京VOY2019 10日目 [ビジョンオブヨガ]

10日目、
後ろの方で寝っ転がって聞く
ある意味、
意識を手放して聞くことが出来てたかも
仲間にいっぱい助けてもらって
いっぱい甘えさせてもらって
眠い、だるい、寝っ転がりたい気持ちに
抵抗せずに受け入れて

自分のこと
たくさん傷つけてきてるんだよ
というメッセージと
みんなが助けてくれるし
甘えていいんだよと
いうメッセージとを
もらった気がする

自分がこうしなくちゃ
を手放して
ヨガをしようと思います

みんなのおかげで
今朝は4時起き
スリヤナマスカーラも
ガネーシャシュッディも
ドルフィンも
やれて
5時間の移動もこなして
高野山にいてます

起きること
すべてに意味がある
楽しんで受け入れて
やっていこう!

喉がまだちょっと痛いけど
治るよ
絶対大丈夫

素晴らしいヨガを伝えてくれる師と
仲間に感謝して、離れてもハートは
共にある

ヨガを実践できる人になろう



nice!(0)  コメント(0) 

東京VOY2019 9日目 [ビジョンオブヨガ]

9日目は、仲間が次々と痛みを手放した
股関節痛で座学で床に座るのがずーっとつらそうだった人、足がしびれてフローが続けられない人、腰が痛い人も
正しくアサナをとる、それだけで痛みが体から消えた
もちろん、9日をかけて、マスター・スダカーが私たちから、考え方の癖を自分で取り除けるように、語りかけ続けてくれたから

さあ、前期も最終日
今日も楽しんでまいります!

nice!(0)  コメント(0) 

東京VOY2019 8日目 [ビジョンオブヨガ]

スリヤナマスカーラで始まり
パダハスタアサナで終わった8日目

手を変えしなを変え
私たちに
いろんな見えてないもの
を気づかせようとしてくれる
マスター・スダカーとまどかさんの
愛情はその場にいるだけで
私に影響を与え
それが、一緒いる父にも伝わる

実家に帰宅したら
何やらに「がっかりしちゃったよ」と
言っていた父
しばらくしたら、
「俺が、気にしても仕方ないな」
になり
今朝は
「かよが、ヨガを勉強するのに食事を準備するために長生きしてるのかな~?」
だそうです。

「何事も感謝だな」
と言いながら、バイトへ出かけた父

私、以前はあの父に反発ばかり
似てる顔同士でブスッとして
目も合わせずに、口をきくのは
連絡、伝達事項のみ
みたいな親子でした

ヨガってすごい
愛情の伝染ってすごい

さあ、9日目、願わくば
私からの愛情を人に伝染できたら
まずは、自分を大事にする方法に
自分を軌道修正するのだ



nice!(0)  コメント(0) 

東京VOY2019 7日目 [ビジョンオブヨガ]

朝から晩まで、私の中にこびりついた癖を
シャカシャカ、ゴシゴシ、ガリガリ
削り落とす作業
師がいっぱいくれるヒントを
どう生かすか

そして、75人の仲間、それぞれの視点は
自分の中の視点をグイーンと
いろんな方向へ引っ張ってくれる

そんなグイーンと広がった視界で、
夫にLINE
なんか、やりとりがマグロトークじゃない!

夕食食べながら、小学生になったばかりの姪が「たかちゃんに電話して」とリクエストするので、夫に電話

小学校で算数とか勉強していると言う彼女に
私が出した問題は「1たす1は?」
夫が出した問題は「32たす32は?」
私の問題には、即回答の彼女
夫の問題には、間が空く
おばさん(私)もう!2桁の暗算なんて無理よ

姪「64」
父と私!! 天才か!
夫が更に「64ひく32は?」
姪「引き算習ってない」
おばさん、飛びついて紙に書く
姪「32?」 !! 天才か!!

分かるってそういうこと
そして、姪を見くびらず、彼女の可能性を信じていい具合に繰り上がらない問題が出せる夫!それができたら、またもう一歩先に進ませようとする夫!

格好良すぎる!
夫の話、全部聞く!
来世も嫌がられても夫を探す!と思いました。

ヴィジョンオブヨガで
学べていなかったら、こんな夫の素敵さ
眼鏡が曇ってて見えんかった




nice!(1)  コメント(0) 

東京VOY2019 6日目 [ビジョンオブヨガ]

ヨガをマスター・スダカー
まどかさん
そして、仲間から学ぶ贅沢な日々も折り返し。

今日の朝の練習も汗がブワッと噴き出る。
最近、練習しても汗かかないんだよね〜って
思っていたのは、汗かかない程度の練習だったから。

だけど、いつも練習は1人でしているから
見てもらえることが嬉しい!
ヨガは師の元で学ぶものと痛感します。

自分が気づきを持たずにつけたクセを
手放すのに必要な汗!

私、初めて参加をしたVOYでは
ポーズを直されることで、その瞬間はキツイから
直されるのが嫌だった。意地悪されてるぐらいな気持ちになっていた。
わかっているんです、大事なことだということは。
でも、その正しい優しさを受け取り切らず
もっと甘くしてくれてもいいじゃん、と思ってた。

なんとも、どうしようもなくあまちゃんでした。
今は、すこし成長して
正してくれる目と手の有り難さがわかる!

もっともっと良くしたい!
その気持ちが自分の中から
溢れてくるのが、本当に嬉しいのです!



nice!(0)  コメント(0) 

東京VOY2019 5日目 [ビジョンオブヨガ]

5日目、マスターが一例として
私のことを取り上げてくれた。

かよは、いつもいっつも、夫がヨガをワナカムヨガスクールで学び続けることに反対するんです~。」
と、言い続けていたんだよ、と。
そのかよの旦那さんが、和歌山でのワークショップでは、マスターをホテルまで迎えに来て会場につれて行ってくれたんだよ、と。

そうだった!
忘れてた!
私の悩みは、そんなことだった。

私が変われば、周囲は変化する。

私、変わってきていたんだ!

昨日は、2年ぶりに会った友達に
「信じちゃってるね。」と言われた。

そう、私、ヨガを信じてます。
気がつけば、信じてた。
マスター・スダカーに会えて
本当のヨガに出逢えて
恵まれてるな~、私。
有り難いです。




nice!(0)  コメント(0) 

東京VOY2019 4日目 [ビジョンオブヨガ]

私の感情はジェットコースター!
なんて言って、永遠に降りようともせず
不機嫌を撒き散らしたりしてきた

これが私の性格なの!
と、自分の癖を手放さなかった

だって、好きなんだもん

でも、そろそろその癖のせいで
アタフタしていることにも気づき始めてる
不要な癖は可燃ゴミ

そんなこと
思い始めた夜に受けた
ヴィヤガラフローは
自分の知らなかった自分が
ちらっと見えたような

ゴミを燃やし続けたら
暗闇で黒猫を探せる私になれる
続けたら!


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。