So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヨガをヨガとして伝える [サークル]

今年も、年明け早々から新しい出会いをいただいています。
グループレッスンへ職場の同僚を連れてきてくださったり、
旦那さまを連れてきてくださったり、
夫の父へ「ヨガやりたい」と連絡をくださったりして

初めましての方と、去年もお世話になった顔とが
入り混じってのレッスン。

しかも、私は自分が尻もちついて負傷中なので、
言葉で伝えるだけで体を動かしてもらう。。。
自分のイメージをわかってもらえるように伝えるって難しい。

それは、そうと

自分がヨガをして何かしら「いい!」と、
思ったからこそ、家族や友人を誘って来てくれている。

なので、私の責任は重大です。
ヨガをヨガとして、伝える。

年末年始の休み中、
肩も首も痛くて痛くて、「痛い~」と言い続けていて
旦那様に「早く、ヨガに行って」と、言われていた方もいて

ヨガは、「いい」が体験している方だけでなく、
その方の家族にも浸透してきている。

私の体は1つなので、分裂できないけど、
「いい」と思えるヨガを欲してくださる方がいっぱいいる。

この人口の少ない和歌山の日高郡でこの人数です。
日本中にどれだけ、「ヨガ」に出会ったら
日常が快適になる人がいることか。

「ヨガ」をマスター・スダカーから直接に教われているという
幸運を自分のものだけに、とどめておくなんてもったいないことはできません。
ヨガのレッスンも楽しい。
レッスン後にみんなの顔が笑顔になるのもうれしい。

それと同時に、自分の予定表の埋まり具合を見ながら思うのです。
もっともっと、マスターの下で「ヨガ」を学ぶ人が増えたらいいのにって。

今、ヨガインストラクターをしている人が、みんな「古典ヨガ」を知ったら
すごいことになると思うの。
マスター・スダカーから古典のままの「ヨガ」を受取って欲しい。
そして、一緒にヨガをヨガとして伝えていくことができたらいいのに。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。